設置研究会

印刷する

ライフデザイン研究会・活動方針

いのうえ
ライフデザイン研究会
委員長 井上 周司

1.活動目的:

人生90年時代から更に100年時代も視野に入った超高齢社会に生きる私達には多様なライフデザインが可能となりました。

90年の人生を、健康で持てる能力を最大限に活用し、自分らしく生きることは、正に私達に与えられた特典です。

この特典を活用しようではありませんか!

これからの自分のより良いライフワークを創るために!

各人に相応しいライフデザインを練り上げ実践していくことを目的に、この会は一緒になって研究を進めて参ります。

2.具体的活動内容:

(1)会員による情報交換・意見交換の場の設定:
ライフデザインは、その人の価値観に応じた様々なものですが、それを描き実践するためには、下記のような幾つかの基礎的要素を研究する必要があります。

これらの項目を中心に、会員各人が持っている知識・経験・悩み等を持ち寄って情報交換と意見交換をする場を設定致します。

水雲会はライフデザインを主として研究している機関等の情報を提供致します。

心身の健康
人とのつながり(異業種交流、他世代交流等)
社会とのつながり(ボランティア活動、スポーツ活動等)
学・遊(生涯学習、趣味、自然との共生等)

(2)講演会及び講師を囲む懇談会の設定:
上記項目等に関連する専門知識及び経験豊かな専門家及び自分で描いたライフデザインを実践されている方による講演会と講師を囲む懇談会を設定致します。

先ずは、この会を訪れて下さい。そして扉を開いて下さい。

この会のモットーは、

より良いライフデザインを描く楽しい会にしよう!!

です。

皆様のご参加をお待ち致しております。
以上


ライフデザイン
PDFはこちら

キーワード