講演会

印刷する

中国・韓国の政治経済、反日政策 をどう理解するか?

カギは 国際金融筋の動きと米国復権化の動向

事務局
隣国中国の尖閣をめぐる対応の先鋭化、防空識別圏設定の動き、国内における暴動の規模と数の増大、また韓国の慰安婦問題や歴史認識をめぐる反日行動など驚かされることが多い。

その背景はなんなのか、両国の政治・経済はどうなっているのか、これまで何度か「朝鮮半島・中国ウオッチャー」として登場していただいている真田教授をお招きし、お話していただきます。

同教授講演のポイントは下記を予定しています。
(1) 混沌の国際金融、世界的な動き・統制国家化
(2) 米国の国際金融筋と国防省筋の動き 
(3)  荒れる中国
(4) 相対的地位の確保に必死な韓国
(5) 大丈夫か、東南アジア 
(6) 日本の現状
(7) 日本の生きる道

同教授は、旧東京銀行勤務時代から「朝鮮半島・中国ウオッチャー」として知られ、30年来、現在は12000人の人に無料で「韓国・台湾・中国レポート」を配信し続けています。

日 時 平成26年3月28日(金) PM6:30~8:30
開場:PM 6:15
講演開始:PM 6:30
希望者により二次会あり

 ゲスト  愛知淑徳大学 ビジネス学部長
教授  真 田 幸 光 氏

 会 場 インテリジェントロビー・ルコ (案内図下記)

インテリジェントロビールコ

 会 費 3,000円

 参加申込 メール or  FAX  or 携帯 にて 下記事務局宛申込んで下さい

 詳細はこちら

講演内容
↑ クリック

〔真田幸光氏プロフィール〕
1957年東京うまれ。 81年慶応大学法学部卒業、旧東京銀行に入行。 東京銀行時代、韓国延世大学に留学、ソウル支店、香港現地法人など約7年間海外勤務。 その後ドレスナー銀行東京支店・企業融資部長に転職。 98年より愛知淑徳大学助教授、2002年より同大学教授、現在に至る。 その間、毎週長文の「韓国・台湾・中国レポート」を30年に亘り配信し続け、朝鮮半島・台湾・中国ウオッチャーとして知られる。著書・雑誌寄稿も多い。 また各種団体、企業、行政府等での講演、セミナー、テレビ出演などを精力的にこなしている。

キーワード