講演会

印刷する

すべての主軸は米国にある

2014年「日本と世界の政治・経済を占う」

事務局
米国は遂に金融緩和の縮小に踏み切りました。縮小に向かうと世界経済にどのような影響が現れるのか。 また、なぜ今、世界的ディスインフレが強まってきたのか? など水雲会恒例の年頭講演会「日本と世界の政治・経済を占う」を、世界の政治・経済に独自の情報と分析眼を持ち、毎年好評の金森薫氏をお迎えし開催します。

講演のポイント
1) 米国オバマ政権の中国、中東政策
2) FRB・ECB・日銀の行方
3) 世界的ディスインフレ
4) シェールガス・オイルの現状
5) ドル円・ユーロ円・日本株の行方、

日 時 平成26年1月22日(水)PM6:30~8:30
開場PM 6:15、講演開始PM6:30
希望者により二次会あり
 ゲスト 国際経済アナリスト、ラジオ日経キャスター
金 森  薫 氏
 会 場 インテリジェントロビー・ルコ (案内図下記)
 会 費 3,000円
 参加申込 メール or  FAX  or  携帯
にて 下記事務局宛申込んで下さい

ルコ

 詳細はこちら

金森さん講演案内


《 金 森  薫 氏 プロフィール 》
1951年、北海道生れ。国際エコノミスト。北海道大学卒業後、穀物商社に入社、外国為替業務に携わる。アメリカのキ-パ-ソンの発言、公式文書を基軸に 国際情勢、金融・経済といった幅広い分野の国際戦略分析・市場分析を行う。

1990年のバブル崩壊、95年の1ドル100円割れなど、予測が現実化したケースは数え切れない。 既存の評論家と一風違った視点からの分析と歯切れの良さから政治家、市場関係者、経営者から一般投資家まで信奉者は多い。現在、執筆活動、講演活動と多忙な日々を送る。著書に『経済超予測』(徳間書店、共著)、『日本経済最後の選択』(徳間書店)『日本の論点』(実業の日本、共著)がある。

毎週、ラジオ日経(旧ラジオ短波)にて17年間 レギュラーコメンテーターを務めている。また会員制情報誌『クラインの壺』にて毎週鋭く経済・金融・世界情勢を分析中。

キーワード