活動内容

会の案内

事務局
知と人の交流35年の水雲会が
超高齢社会に向け新しい歩みを始めました!!

生涯“働・学・遊”水雲会
ご 案 内

1.前 史

 当会の前身「水雲会」は、1979年に異業種交流勉強会として発足し、「学びと遊びは掛算でいこう!」をモットーに、35年間にわたり政治、経済、社会、文化をテーマとした講演会や日本文化体感の遊びを中心に活動してきました。その間、約550回の例会を積み重ねてきましたが、2012年「定期講演会」を終了し、2013年「水雲会」を改組、改称、超高齢社会を見据えた新しい歩みを始めることになりました。

2.なぜいま新しい歩みか

日本の長寿化と高齢化は世界に類を見ないスピードで進展し、2030年には65歳以上の高齢者が人口の1/3、75歳以上の後期高齢者が1/5を占めるという超高齢社会を迎えます。

この急激な高齢化により、人口構成がピラミッド型の時代に作られた年金・医療・介護保険制度や雇用制度などの社会システムは、大きな矛盾に直面し、私たちの生き方も、「生涯現役社会」「エイジフリー社会」「人生90年時代」に対応した「ライフデザイン」に再構築していくことが求められています。

3.活動方針 と 内容

この認識に立ち、生涯“働・学・遊”水雲会は、超高齢社会のもつ種々の問題点を研究し「身近にできることから活動していこう」「歩きながら考えよう」をモットーに、次の 3つの視点 から具体的活動を展開していきます。

① ライフデザイン
「超高齢社会」「エイジフリー社会」の問題点の研究会、講演会
● 生涯現役社会の「ライフデザイン」のあり方の研究会、講演会

② 高齢者就労支援 (含 社会参加)
● 「高齢者就労」の研究会、講演会
● 高齢者の就労事業の情報収集、研究、開発
● 高齢者の能力と就労のマッチング支援、情報提供、場づくり
● 社会参加、地域ボランティア活動の情報収集、情報提供

③ 長寿を楽しむ 学びと遊び
● 長寿を楽しみ、生活の質を維持する生活技術の研究会
● 経済、社会の動向、健康、資産運用など生活の知恵・ノウハウの勉強会、講演会
● 旅行、サロン活動など「学」「遊」の場づくりと提供

4.会 員

● 会員になるには
応援団」申込みカード提出(入会金、年会費等なし)
● 会員になれば
①各種研究会、講演会。催しに参加可(参加費 要)
②各種研究会、講演会。催しの開催情報提供、その他有益情報提供

5.役 員 (※ 印 は事務局担当)

(共同代表) 竹村之宏  大須賀敏剛※ 
(理 事) 坂本信之※  平山 滋※  濱田庄司  田中 茂
(監 事) 小野裕子 
(特別顧問) 青木匡光   

6.事務局(連絡先)

〒353-0006 埼玉県志木市館2-3-11-1402
携帯090-4815-2795(大須賀)
FAX 048-475-8899(専用)
メール: suiunkai@mbg.nifty.com
ホームページ www.suiunkai.net
連絡先として大須賀敏剛が、事務局を他に坂本信之、平山滋が担当します。

7.運 営

1) 研究会活動、講演会活動、高齢者就労支援活動を中心に活動を展開します。
2) 前記「3つの視点」の研究会をそれぞれ設置、必要に応じ分科会を設置します。
①高齢者就労支援研究会       委員長 濱田庄司
②ライフデザイン研究会(東京地区) 委員長 井上周司
           (大阪地区) 委員長 竹村之宏
③長寿を楽しむ生き方研究会     委員長 未定
3) 講演会は、上記研究会関連テーマの他、政治、経済、社会、文化など幅広くテーマを取上げていきます。
4) 高齢者就労支援活動は、当面活動の方向性、方法論を検討し、具体事例を積重ねていきます。

会の案内

キーワード